2020.07.29

news

埼玉県蕨市のイトーヨーカドー錦町店跡、ビバモール蕨(仮称)に弊社医療モールを出店いたします。

2021年春開業、埼玉県蕨市のイトーヨーカドー錦町店跡、ビバモール蕨(仮称)に弊社医療モールを出店いたします。

三菱商事都市開発は20日、埼玉県蕨市錦町のイトーヨーカドー錦町店跡を全面リニューアルし、「ビバモール蕨(仮称)」として2021年春、オープンすることを明らかにした。三菱商事都市開発は入居テナント名を公表していないが、核テナントとしてホームセンターのビバホームを迎えるもようだ。
計画地はJR京浜東北線の蕨駅とJR埼京線の戸田駅のちょうど中間に当たる県道236号沿いで、敷地面積約3万4,600平方メートル。イトーヨーカドー錦町店の施設を全面改装し、大型ショッピングセンターとする。売り場面積は約2万3,000平方メートル。ホームセンター、スーパーマーケット、物販・飲食店、クリニックなど約50店の入居が見込まれている。
 建物は4階建てで、屋上を駐車場として活用する。1階には医療モールを併設し、クリニックのテナント募集が始まっている。2階には家電販売店や書店、衣料品店、フードコートなどの入居を想定している。核テナントはホームセンターになるが、近隣の住民をターゲットとして日常の買い物をメインとするショッピングセンターを目指す。
引用元:財経新聞
【ご参考資料】
(2020年7月20日)三菱商事都市開発株式会社 プレスリリース
 
▼募集内容はこちらでご確認いただけます